時代的に高い化粧品ばかりを使ってはいられません

最近、試してみた化粧品はオールインワンのお試しのチューブ入りだったのですが、値段が1本何と、1000円以内で試してみることができました。

 

オールインワンクリームは、けっこう値段が張るイメージがあるのですが、これもお試しでないことには、とても結構なお値段です。

 

夜用と昼用とがあり、夜用は通常の容器で使いやすくなっていました。

 

お値段につられて昼用を試してみると、チューブタイプなのでとても使いやすいところはありました。

 

でも、使っていると下地クリームの要素が抜けきれないでしたが、使った感じが化粧水や乳液を使ったみたいに肌に浸透しやすくしっとりとした使いごこちです。

 

「値段が1000円にしては得したみたい」そういう感じもあって今も使っています。

 

こうして毎日使っていると、では「夜用はどんな感じだろう?」とは思うのですが、まだ試してみてはいません。

 

化粧品については、安いときもあれば高いものを使ってみたいときもあります。

安いコスメ

100円化粧品でも間に合うときがあれば、肌に悪いのでわざわざ探しにいくときもあります。

 

けっきょく、平均的な化粧品が自分のおすすめではないかと思いますが、やはり使いごこちが一番なので、高いクリームや化粧水などには目がいってしまいますね。

 

ただ、時代的に高い化粧品ばかりを使ってはいられませんよね。

 

外に行くにもスッピンで出かけることも多くなりました。

 

ファンデーションなどで厚塗りしたときよりもなぜか肌に風がそよぐ感じが好きだからかもしれません。

 

また、周りの人達のファンデーションを塗っている人に対しての視線などを感じるときや、自分の周りについてのアンテナみたいなものが違ってくる感覚があります。

 

これは、値段の安いものと使った場合、高いものを使った場合にもちろんも感じる感覚です。

 

でも、なんらのかのお気に入り化粧品を使うことは年齢を重ねても必要ではないでしょうか?お気に入りの化粧品があるということは女性としてとても幸せなことだと思います。

 

話は変わりますが、あるとき何か高い口紅がないのかとネットでか何か検索してみたことがあります。

 

これは、不思議ですが化粧品販売業協会などで値段が比較的決められてあるのでしょうか?大体3000円前後から5000円のものがあればいいところで、外国産になりますと1万円からだったでしょうか?
これは自分の検索圏内だったので何ともいえないところなんですが・・。

 

けっきょく3500円くらいのもんを選んでみましたが、それは今でも使用可能です。

 

でも、そこのメーカーはもとの社長さんが亡くなっていたせいか、再度検索してみてもリップグロスしかなかったようです。

 

ほんとうは、そこの口紅がほしいのですが、無理はいっていられません。

 

化粧品と値段とはさまざまあります。

 

思えば平均的な化粧品から使ってきた自分ですが、何歳になっても使うときの癒しの香り感が化粧品の魅力のひとつかもしれないです。

 

値段というよりも気にいった化粧品を見つけられるだけで「何か女性に生まれてよかったな」と幸せ感を感じたいところです。