化粧品を全て揃えるお金がなく、ドラッグストアでお値段重視

年齢が上がるにつれ、いつまでも若々しい肌で綺麗でいるにはしっかりした化粧品を選ぶことが大切…なのは重々承知していますが、毎月の収入が少ないのでそうも言っていられません。

 

化粧水、乳液、クリームなどなど、基礎化粧品をすべて揃えると何万もしてしまいます。

 

更にメイク用の化粧品もとなれば出費は半端ないです。

 

そんな私が化粧品を選ぶときに重視しているのは値段

 

有名なメーカーで、予算内に収まる手頃な値段の化粧品を使っています。

 

よく行くのはドラッグストアで、安売りになっているときにまとめ買いしています。

 

ドラッグストアだとポイントカードもあるのがうれしいです。

 

基礎化粧品はピンからキリまでありますが、安いものだと化粧水はワンコインで購入することができます。

 

高い商品に比べてやはり肌に浸透するまで時間がかかりますが、コットンでしっかりパッティングすれば充分保湿できます。

 

特に肌トラブルが起きることもなく、肌荒れとも無縁です。

 

乳液やクリームも保湿という面では満足しています。

 

昔、美容関係の仕事をしている人に、「高い化粧品をちまちま使っているより、安い化粧品をたっぷり使ったほうがお肌は綺麗になる」と聞きました。

 

確かに、朝晩しっかりお手入れしているので乾燥しらずですし、ほうれい線や毛穴も同じ年の人に比べたら綺麗だとよく言われます。

 

さすがに、化粧品何使ってるの?と聞かれてプチプラ化粧品だよと言うのは恥ずかしさがありますが…。

 

しかし、私はプチプラ化粧品で充分満足しています。

 

基礎化粧品だけでなく、メイク用品もすべて値段重視のプチプラコスメです。

 

大学生が使うようなメーカーを愛用しています。

 

ベースメイクは、下地にファンデーションにおしろいと揃えるお金がもったいないと感じてしまい、プチプラメーカーのBBクリームとフィニッシュパウダーのみです。

 

充分綺麗にベースを作ることができます。

 

特にフェイスパウダーはなるべく粒子が細かいものを選んでおり、どの角度から見てもつるんとした肌に見えるようにしています。

 

毛穴もまったく気にならないのでおすすめです。

 

アイシャドウ、ハイライトもラメの粒子が細かいものを選んでおり、透明感が出るようにしています。

 

同じくチークも透明感が出るように、薄いピンクのものが好きです。

 

リップはワンコインで買える商品が多いです。

 

プチプラコスメでも、基礎化粧品でしっかりケアしていれば化粧ノリも良く最低限の崩れはありません。

 

さすがにワンコインで買えるアイシャドウは1つのパレットに何色も…というわけにはいきませんが、私はナチュラルメイク派なので一色で充分です。

 

メイク落とし、クレンジングについては、少しだけ良いものを使っています。

 

それでも2000円以内で買えるものを探して買っています。

 

毛穴のつまりをしっかり落とし、汚れを綺麗に洗い流したいからです。

 

メイク落とし、クレンジングさえしっかりすれば、プチプラの化粧品でも肌の状態を良く保ち、バッチリメイクをすることは可能です。

 

これからも値段重視のプチプラメーカーを愛用します。

コスメの値段