プチプラコスメとデパコスの使い分け

私は基本手には化粧品にかけるお値段を安く抑えたいと思っています。

米肌 値段

ですので、基本的にはお値段安めなプチプラな化粧品を好んで使っているのですが、一つだけこだわりがあって、それだけはお値段高めではありますがデパコスを使っています。

 

私がお値段をかけてでも高めのデパコスを使うもの、それはズバリ「口紅」です。

 

なぜかというと、一番化粧直しのタイミングが多い化粧品だからです。

 

化粧直しに使うものって人それぞれだと思いますし、普段からどこまで持ち歩いているかも人それぞれだとは思いますが、必要最低限しか持ち歩かない方でも必ず持っているのって口紅ではないでしょうか?
実際私は化粧直しで持ち歩くものはかなり少なめです。

 

コンシーラーと口紅とグロスやリップクリームくらいしか持ち歩かないです。

 

女性向けの小さいバックに入れるのってこれくらいで限界ではないですか?なので、これくらいしか持って歩かない人も多いかと思います。

 

化粧直しで多く使うなら逆に安い方が経済的なのでは…っと考える方もいるかもしれませんが、よく考えてください。

 

化粧直しのタイミングが多いということは、人の目にふれるタイミングも一番多いということです。

 

少し見栄っ張りな理由かもしれませんが、人目によくふれるものだけでも良いものを持った方が、自分自身の価値が上がる気がしませんか?
それに、自分自身も一番よく使う、また一番よく目にする化粧品がお気に入りのブランドのものだとテンションがあがりませんか?
さらに、見た目の話ばかりしていましたが、デパコスの方が値段は高いですが品質ももちろん高いです。

 

ですので、唇の保湿効果や色付き、色持ちの部分でもお値段を出してもお気に入りのブランドを購入することにメリットがあると思います。

 

逆に安い化粧品を使ってもいいのではないかと思うのは、基礎化粧品です。

 

基礎化粧品こそ高いものを使って、保湿したりしないとっと考える方もいるかもしれませんが、私は逆だと思っています。

 

高い化粧水や、乳液ってたしかに色んな成分が入っていて、アンチエイジングやシミ予防とか美白とか色々効果があると言われていますが、高い基礎化粧品って思いっきり使うことに躊躇いを感じませんか?
インターネットなどでも度々取り上げられていることもありますが、1本数万円のデパコスの基礎化粧品と、ドラッグストアなどで売っている1個数百円の基礎化粧品がほとんど同じ成分だと噂になっていたりします。

 

それが本当なのかは定かではありませんが、基礎化粧品って余計な成分が色々入っていない方が、実は保湿に優れていたり、肌の調子を整えるのに適していたりするのは事実だと思います。

化粧品の値段

実際、私は結構肌が弱く、さらに混合肌で困っていた事もありましたが、結局は安くても、あまり余計な成分の含まれていない基礎化粧品をたっぷり使ってケアをする方がお肌が綺麗になった経験もありました。

 

高い基礎化粧品で少しずつ使うよりも、安くてもたっぷりと使えるもので、こまめにケアをできる方がいいと思いますので、皆さんも試してみてはいかがでしょうか?